ZEHネット・ゼロ・エネルギー・
ハウス(ZEH)支援事業

  • home
  • ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業

対象

新築住宅・住宅リフォーム

住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅に対して補助される制度です。

目的・主旨

2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指すべく、高断熱外皮、高性能設備と制御機構等を組み合わせ、住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅を新築、ZEHの新築建売住宅を購入、または既築住宅をZEHへ改修する者に補助金を交付するものです。本事業の主旨などに基づき、ZEHビルダーとして登録された、ハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者等が、受注する住宅のうちZEH が占める割合を2020年度までに50%以上を目標とします。

金額(上限)

①補助対象住宅 交付要件を満たす住宅一戸あたり 定額 75万円(地域区分・建物規模によらず全国一律)
※寒冷地特別外皮強化仕様のNearly ZEHについても同額の補助金額とする。
②蓄電システム 補助対象として採択されるZEHに蓄電システムを導入する場合には、
補助金額を以下のとおり加算。
①補助対象住宅 交付要件を満たす住宅一戸あたり 定額 75万円(地域区分・建物規模によらず全国一律)
※寒冷地特別外皮強化仕様のNearly ZEHについても同額の補助金額とする。
②蓄電システム 補助対象として採択されるZEHに蓄電システムを導入する場合には、
補助金額を以下のとおり加算。
蓄電システムの補助額 初期実効容量
※21kWh当たり4万円
蓄電システムの補助額上限 補助対象経費
※3 の1/3または
40万円のいずれか低い金額

ZEH目標

ZEH普及に向け、平成28年度にネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業における「ZEHビルダー」登録いたしました。
2020年には、標準的な新築物件の年間一次エネルギー消費量の収支をゼロにすることを目指し、以下の目標をかかげました。

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
ZEH率 0% 0% 0% 33% 50%
ZEH率
2016年度 0%
2017年度 0%
2018年度 0%
2019年度 33%
2020年度 50%

ZEH目標

ZEH普及に向け、平成28年度にネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業における「ZEHビルダー」登録いたしました。
2020年には、標準的な新築物件の年間一次エネルギー消費量の収支をゼロにすることを目指し、以下の目標をかかげました。

年度実績 棟数 達成率 備考
2016年度
実績
0棟 0%達成 残念ながら目標が達成できませんでした。
2017年度
実績
0棟 0%達成 残念ながら目標が達成できませんでした。
2018年度
実績
0棟 0%達成 残念ながら目標が達成できませんでした。
2019年度
実績
2020年度
実績

お問い合わせはこちら

I am home