NEWS & BLOGニュース・ブログ

2018.10.28ブログ

「光」の個性を知ること。

 

家づくりをご検討中の皆様、おはようございます。

アイムホームの大石です。

 

賃貸物件に住んでいると「収納」「間取り」「動線」などといろいろと

不満はあるかと思いますが個人的にもっとも気になるのは「光」ですね。

 

天気の良い日も、朝から電気付けっぱなしにしないと暗くて…残念です。

 

「光」の取り入れ方によってお家は「明るく快適」にもなるのですが、

あまり考慮しないと「暗く不快」なお家になりかねますのでこれから

新築をご検討されている方はぜひともご注意下さいね。

 

建築条件や方位を良く分析するとともに「光」の個性についても知ると

良いヒントが生まれるのではないかと考えております。

 

四季や時刻によって変わる光で、室内空間は多彩な表情を見せます。

東西南北の光はそれぞれに異なった特性を持っていますので、

そうした光を上手くコントロールできるよう、庇、窓の形、大きさや位置を

変えて配置していくと良いでしょう。

 

必要な明るさは用途によって違い、全ての部屋に同じような明るさは

入りませんので設計段階から「光」についても設計士と確認をすると

より快適なお家が出来るのではないかと思います。

では、快適なお家にしてくれる「光」たちのご紹介をさせて頂きます。

はじめに…

 

「東の光」です。

朝方の光は赤く、徐々に透明感が出る。

●午前中の日当たりが良い
●夏場でも涼しく過ごせる
●午後から干した洗濯物は乾きづらい

 

 

続いて…(^_^)/

大人気のー

 

 

「南の光」でーす。

強いエネルギーを持つ眩しい光です。

●どの方角よりも日当たりが良い
●洗濯物が乾きやすい
●夏場は冷房費が高くなりやすい

 

 

 

続きまして…

避けられてしまいがちの…(^^;

 

 

 

「西の光」です…

熱が残ったオレンジ色の光です。

●夕方でも日光がお部屋に入る
●夕方から夜にかけてお部屋が暖かい
●夕方は西日がキツくてまぶしい

 

 

最後にいつも安定的な「光」を

提供してくれる

 

「北の光」です。

安定した変化の少ない白い光。

●どの方角よりも夏場は涼しい
●家具や本が日焼けしづらい
●夜は暗く、冷え込みやすい

 

 

快適なお家創りをご提案が出来るよう引き続き頑張って参ります。

aimu home スタッフ一同

 

 

CATEGORY

選択してください

ARCHIVE

選択してください

I am home